肩甲骨はがしストレッチ



〜肩甲骨はがしストレッチ〜

では、肩甲骨ストレッチに移りたいと思います。

@両手をひじを伸ばした状態で上に上げます。

Aひじを両耳の横にくっつけて、手のひらも合わせます。

Bそのままの状態で、伸ばしてください。
この時に肩甲骨が背中から大きく剥がれます。

C次に、手を外に向け、肩甲骨を寄せるように両腕を下ろしていきます。
この動作で、肩甲骨は中央に寄ります。

DA〜Cの動作を3回繰り返します。繰り返し行なう事で代謝があがり、
カラダがぽかぽか温まってきます。

E次に手を前に伸ばし、手のひらを合わせます。肩はしっかりと伸ばしてください。

Fその状態から、後に胸を張りながら手を引き肩甲骨を飛び出させます。
この時手のひらは内側を向いた状態です。
(余裕がある方は、その状態で手のひらを外に向けて行なってみてください。)
この動きを3回行ないます。

鏡を見ながら左右の肩が水平になっているかを確認します。肩は水平を保ってください。

G最後に、肩甲骨を上に引き上げるストレッチです。
腕を横に下ろした状態から、斜め後ろにひじを持ち上げて行きます。
持ち上げた時に肩甲骨が引き締まっているとOK。
これを5回行ないます。

(余裕がある方は、その状態で手のひらを外に向けて行なってみてください。)