バストアップ腕立て伏せ


適度な筋トレをしてバストアップしていきましょう。

やりすぎると筋肉がつきすぎて女性らしさがなくなるので気をつけてくださいね。
でもバストを支えるために必須の大胸筋です。

適度に鍛えてしっかりバストを支えましょう。


\バストアップにおすすめ/

大胸筋を鍛えるストレッチ

@最初に、背筋を伸ばし両手のひらを胸の前で合わせる

Aそのままの姿勢を保ちながら、胸に力を入れていく

BAのポーズを継続しながら、顔の前の位置まで腕をそのまま上げていましょう。
そして、5秒間 キープします。

C5秒行なったら、おへその位置まで腕を下ろします。そして5秒間キープ。

Dそして、終わったら最初の胸の位置に戻ります。

E@〜Dの動作を5回繰り返し行ないます。


プッシュアップ
プッシュアップとは、腕立て伏せのような姿勢で行なうエクササイズです。
腕立て伏せとは違い、膝をついて行います。
負担なく行なう事が出来だれでも簡単に行なえます。

@まず床に座り正座します。

A続いて、膝を床につけ手は肩幅より少し広く開いて床に付けます。
床に手のひらをつけ、四つん這いのような姿勢をとります。

Bその姿勢のまましっかりと胸を張り腕を曲げて下に上半身をさげていきます。
この時に胸を張るのがポイントです。

Cひじが90度になる位置までゆっくり下がり、下がったらまた元の位置にゆっくり戻ります。
呼吸は、下に下がりながら息を吸い、上に戻りながら息を吐いていきましょう。
ここでは体が反りかえらないように注意しましょう。

DA〜C3セット(10回×3)行ないます。

もっと出来る!という方は、更に深く上半身を下ろしてやってみてください。
下げれば下げるほど付加がかかってくるので、無理をしてカラダを痛めない様に
エクササイズを行なって下さいね☆


ダンベルフライ
ダンベルフライでは軽いダンベルを使用します。
2〜4kgのダンベルを準備してください。
重すぎるとがっしりと筋肉がついてマッチョになってしまうので、
あくまで軽い負荷で行なうようにしてくださいね。

@まず、床にクッションかまくらを少し高めにし、置きます。
クッションを折り曲げて高さを調整してもOK。

Aクッションが背中の中心にくるように、クッションの上に寝ます。

B少しお尻を浮かせて、足と背中(肩甲骨あたり)でカラダ全体をを支えます。

Cその状態のまま、ダンベルを持った手を上にあげましょう。(両手)

D腕を外側に開きながらしっかりと曲げていきます。
同時に胸が開き、胸をストレッチとなります。
呼吸は腕を曲げながら吸い、腕を元の位置に伸ばしながら吐きます。

EA〜Dを3セット(10回×3)行ないます。